ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

ARCHIVE :

現在開催中のウルトラトレイル・マウントフジ ULTRA-TRAIL Mt. FUJI(略称・UTMF)において、4月23日午前、西村広和選手が「UTMF165k」のフィニッシュ地点となる富士急ハイランド(富士河口湖町・富士吉田市)に到着。18時間15分32秒で男子優勝を勝ち取りました。

ウルトラトレイル・マウントフジは富士山麓を舞台に国際水準の環境保護対策と運営により開催される国際的なトレイルランニングイベント。今年の大会は2019年以来3年ぶり。各種の新型コロナウィルス感染防止対策を実施し、国内在住の約2400人が参加しています。本年は距離157.9kmの「UTMF165k」と距離69.4kmの「KAI69k」の二つのレースを開催。前者については大会直前の降雨によるトレイルの自然環境への影響と選手の安全確保のため、4月20日にコースを一部変更しました。

このあと、23日金曜日午後にはUTMF165kの女子のフィニッシュ、KAI69kの選手のフィニッシュが続きます。