ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

ARCHIVE :

さて、これは何の写真でしょう?

地面が好きでくっついている?(笑)

木にくっついて蝉になりきる?

洞窟探検?

これみんな、先日2月9日に開催した『レイルランナーのための自然教室』でのひとこまです。
第一回は「植物と地形」
と聞くと、なんだか高校の生物の授業みたいで難しそう・・・ですか?

いえいえ、今回参加したトレイルランナーのみなさん、
まだフィールドに出る前の最初の1時間の机上講習会だけでも、すっかり「植物と地形」の虜に(笑)。

「こんな面白いこと知っちゃったら、止まって植物見ちゃって、トレイル走れなくなっちゃうよーw」
「この自然教室受けないと、UTMFの参加資格にならないってしなくちゃー」と、
まだフィールドに出ていないのに講師の先生のお話だけでも大盛り上がり。


講師の渡邉長敬先生。

なかでも、みんなが一斉に「ほーーーー」っと感嘆の声をあげたのが『フィボナッチ数列』
えーーー生物の次は、数学・・。頭痛くなりますね・・・(笑)
フィボナッチ数列自体の説明はとっても難しいので、自然界とフィボナッチ数列との深い関係を簡単に説明すると・・

みなさんはお花の花弁(花びら)と言われると何枚思い浮かべますか?
近くにお花があったら数えてみてください。
3枚、5枚、8枚、13枚ではないですか?
この数字をみて「ん?」と思いませんか?

3、5、8、13
隣合わせの数字を足すと、
3枚+5枚=8枚
5枚+8枚=13枚
8枚+13枚=21枚・・・・以下ずっとつづく・・。
そうこれが、フィボナッチ!
花びらはもちろん、葉もこの数字の魔法にかかっていて、フィボナッチに関連しているんです!

松ぼっくりもフィボナッチの魔法にかかっています!後ろから見るとよくわかるんですよー。

聞くと「なるほどー」なんだけど、文章で説明するのが難しいので、
さあ、ほんとにそうなってるかフィールドへGO!

冬なので、草花も枯れているし、どうやって自然観察するのだろう?と思っていたら、
先生が見せてくれたのは枯れ草。
枯れ草で何がわかるんだろう??
茎についている葉を数えると・・・「わーーーフィボナッチだーー!」「みてみてーこれーもフィボナッチ!」と、
1回転して同じ方向に出てきている葉は、さきほどの、3、5、8、13の数列にしたがってるんです。

1m進んでは、「じゃあ、これは?」と数えてみたり、1m進んでは、「先生、これって・・・」と質問してみたり。
ほんの200mくらいを進むのに1時間半以上もかかるほど、すっかりどっぷり魅力にはまって全く進めませーーん。

今まで、トレイルで、木の大きさや形、緑の美しさ、マクロで植物に接していたけど、
ミクロの世界は全く目に入ってなかった!
なんて神秘的で、植物って面白いんだろう!と気がついてしまったのです。

拡大鏡でいろんなものも見せてもらいました。
葉の裏の網脈は幾何学で美しく、冬を越すために芽は細かな産毛に覆われ、
小さな苔の先には膜をやぶって胞子がとんだ後があったり、そっと芽吹いた小さな花は華麗な姿をしていました。
いろんなものを見つけるたびに、みんなで代わる代わる拡大鏡を夢中で覗き込んで、自然の神秘に包まれました。
はたからみると、不思議な格好ですけど(笑)


タチイヌノフグリに魅了されている礼子さん


「わーーーかわいい!」彼女はUTMFに出場する選手です。


「カメさんみたいー」と礼子さんに爆笑される彼もUTMFに出場します。


裏をかえして拡大鏡でみると・・・・き、きれい・・・・。

他にも約1200年発生した長尾山の火山で流れてきた溶岩流が巻き込んだ木の痕や、
そのとき炭化した1200年前の木の根っこを見つけたり!


これが溶岩流に巻き込まれた木の痕!


なかなか見つけられない!見つけてくれたのは、
クリーンアップや環境整備を手伝ってくださっているUTMFに出場する選手。

こうやって、自然について学ぶと、いつも遊ばせてもらっている山や森がまた違って見えてきます。

走ったら1分もかからないトレイルも2時間半もかけても足りないくらい不思議な神秘の世界でした。


(左がウサギの足跡、右が人間。)

参加者のみなさんも「これは言葉では面白さが伝えられない、来てみないとわからないー!」
「全回参加したい!」「レース中に、教えてもらった木、草花に出会えたら、絶対元気になる!」と、大満足♩

この『レイルランナーのための自然教室』をやりたい!ぜひトレイルランナーに知って欲しい!
と始まったきっかけは、ウルトラトレイル・マウントフジのコースつくりでした。

コース上に生息する希少動植物について専門家のみなさんにアドバイスをもらっていると、あれこれびっくり、
感動、グイグイ話しに引き込まれて、先生たちが開催している観察会に参加させていただくようになりました。

これは私たちだけが知っているのはもったいない!ぜひ、ウルトラトレイル・マウントフジに参加してくれる選手や
ボランティア、そしてサポーターや、全ての人にも体感して欲しいと、生まれたイベントです。

レースだけでなく、富士山麓の自然をもっと好きになって欲しい、そんな想いで生まれたのが、
クリーンアップであり、このトレイルランナーのための自然教室です。

ぜひ、次回以降、みなさんもご参加くださいね。

きっと今までにない体験ができますよ。

第二回目以降の詳細はこちらのページで https://www.ultratrailmtfuji.com/2020/environmental/activities/2012/12/11/