ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

ARCHIVE :

昨日、3月20日(水)御殿場・国立中央青少年の家で、御殿場市主催のトレイルランニングセミナーが開催されました。

午前は<A6富士山御殿場口太郎坊>でエイドステーションを担当してくださるボランティアのみなさんへの説明会が行われました。

今年はじめてボランティアをしてくださる方や昨年も富士山御殿場口太郎坊でボランティアをしてくださった方も!
みなさん、どうやったら選手に気持ちよくおもてなしができるのか?
どうやったら盛り上げられるのか?
真剣にすでにいろいろ考えてくださっていて、
「去年はコーヒーがあんまり出なかった。日本茶の方がいいのでは?」とか
「何をしたら選手が失格になりますか?」「どうやって応援したら喜んでくれるかなー」と
活発に意見を出してくださいました。
涙が出る思いでみなさんのお話を伺っておりました。

今回お会いしたのは御殿場担当のボランティアの方々だけでしたが、
すべてのボランティアの方が『選手のために!』と、熱い想いで大会にむけて心を傾けてくださっています。

当日、お手伝いしてくださるボランティアだけでなく、クリーンアップやトレイル整備など
大会開催までも本当に多くの方々に支えられています。

みなさん全員にお会いすることは叶いませんが、「ありがとう」の言葉だけでは全く足りませんが
本当にみなさんありがとうございます!!

鏑木実行委員長の新刊「激走100マイル」の中にも大会開催までの経緯がさまざま書かれていますが
この大会のためにどれだけの方が汗をかいてくださり、心を砕いてくださっているか。
第一回大会開催まで様々な障壁がありましたが、そんなみなさんがあってこそ昨年も無事故で開催することができました。

第二回大会の今年も、決して平坦な道ではありませんでしたが、
スタッフ全員、第一回を開催するつもりで、第一回以上に気を引き締め、「激走!」しています。

大会まであと35日!
絶対に無事故で、大会開催、大会終了を目指します!

富士山御殿場口太郎坊のボランティアのみなさん!