ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

ARCHIVE :

先日、3月24日「第二回トレイルランナーのための自然教室」を開催しました。

二回目もトレイルランナーやご家族、大会当日ボランティアをしくださる方々がご参加くださいました!

第二回のテーマは『野鳥へのマナー』
講師はこちら 日本野鳥の会 東富士 菅常雄先生。

すばしり近辺の自然を知り尽くしたエキスパートです!
すばしりは日本野鳥の会の発祥の地なんですよ!みなさんご存知でしたか?

この時期、見られるであろう野鳥の一覧を先生にいただいて、まずは、ふむふむ勉強会。

さあ、いよいよウルトラトレイル・マウントフジのコースへ野鳥を探しに出かけます!
まず見つけたのは?

カラス!
え?からすって野鳥?
そう、野鳥ですね。
でも、一口に「カラス」といっても、鳴き声がちがったり、生息地が違ったりで、種類も違うんです!
よーく耳をすますと
「アーアー」という鳴き声。

この後、移動した視界が開けた林では
「ガーガー」というカラスの鳴き声。

「アーアー」と、音が濁らないのは「ハシブトガラス」くちばしが細く、シュッとしています。
「ガーガー」と、音が濁るのは「ハジボソガラス」ハシブトよりちょっと大きく、額が出っ張った感じ。

と、道の駅すばしりを出発した直後から、前に進めないほど、みんなであれこれ先生に質問!
いつも身近にみているカラスだけど、奥が深いです・・・。

今回、先生がおっしゃっていたのは「山や森、林の中に鳥がいる。それを知ってもらうことが大事。
知って、野鳥が暮らしているんだなと、気にしながら走るだけも素晴らしいこと」と。

例えば、わたしたちが山にはいって、よく耳にする「ウグイス」の声。
「春だな〜」と心地よく、その声に聞き入ったりしますが、
その鳴き声は「ちょっと、早くここから立ち去ってー」と鳴いているのか
素敵なパートナーをみつけて「嬉しいなー」と鳴いているのか?
そんなことがちょっとでも分かれば、山を走るときの気持ちが変わりますよね。

ふと見上げた木に穴が!
あ、キツツキが穴をあけたのかな?誰か住んでるのかな?と思ったら
穴につかまるので穴の下の方が欠けていたり、地面には木の破片があれば、今も住んでいる木の穴。
きれいなままの穴なら、今は使われていない穴だとわかるそうです。

これは木の中の虫を食べた痕。

キツツキの古巣に住む鳥もいます。
ヒガラやコガラ。
この日もコガラが穴に入って顔を出す様子が見られました!

住宅地からどんどん山に入って行くと出会う鳥たちもかわり、あちこちでさえずりが聞こえました。
どんどんさえずりが多くなってきたので、「どっか行ってってないてるー、急いで移動しよう!」
と、鳥さんを観察したい気持ちもありながら、鳥の気持ちを考えて移動したり、
これまでとは違った気持ちで鳥の声を聞くことができました。

もちろん、途中のクリーンアップも欠かせません!
ゴミをみつけたら放っておけない!みなさん、自主的にゴミを集めてくださり、
鳥を見て、ゴミひろって、鳥の声をきいて、ゴミひろって・・・忙しい(笑)

ずんずん山に入って行くと

巣を発見!
どれが巣かわかりますか?

こたえは

こっち!もじゃもじゃの木のなかにあるのが巣なのです。これはアカハラの巣。

こんな風に木の上に巣があるのを想像しがちですが
地面に巣をつくる鳥もいれば、木の根元に巣をつくる鳥もいます。

もし、トレイルを走っていて、ピョンと鳥が飛び出してきたら
巣を守るため、卵を守るために、果敢に挑んでいるのかもしれないので
そっとその場を素早く立ち去ってあげてください。

「熊鈴の音は鳥たちは気にならないの?」と、気になって先生にお伺いしたら
音よりも気配に鳥たちはとっても気になるそうです。
だから、鳥たちがさえずっていたら、びゅーんと(そっと)走りさりましょう!
レース中だと、ぜいぜいはーはー疲れちゃってそうもいかないこともありますが(苦笑)

さて、この日は4時間ほど、野鳥の勉強をしましたが、
4時間で出会えた野鳥は31種類!
距離にして10kmもありません!

季節がかわれば、また出会える野鳥もかわります。
また季節をかえて野鳥研修会を開催しますので
ぜひ、みなさん、ご参加くださいね!

と、大事な話!!
この日は午後からクリーンアップも行いましたが
実はクリーンアップも鳥にとっても大事なことなんです。

鳥が巣をつくるにあたって、ゴミがあるとそのゴミをつかって巣を作ってしまいます。
巣は枝や葉っぱ、その他、自然のものを利用して作られます。
またその巣の接着剤として、苔や蜘蛛の巣を使うことで
風がふいても飛ばされない、転がらない頑丈なものを作ります。

でも、ゴミを使ってしまうと、苔や蜘蛛の巣の接着剤でくっつかない。
風が吹くと、ゴミの部分だけが抜け落ちてしまい、卵がヒナが巣から落ちてしまうのです。

ぜひ、トレイルに入ったら、気持ちよく走っていても、
鳥や動物のためにもゴミを1つでも拾ってくださいね。

ちなみにこの日の午後、拾ったゴミはこれ。

住宅地そばで車が入れる場所だったので、軽トラック1台分ほどのゴミがありました・・・。
クリーンアップについてはまたご報告いたします。

次回の自然教室は
4月6日(土)第三回 芽生え  です。
あちこちで芽吹きだした植物。どんな姿をみせてくれるのでしょうか?
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.ultratrailmtfuji.com/2020/environmental/activities/2012/12/11/

クリーンアップ、環境(トレイル)整備も土日、平日問わず行っています。
試走禁止区間でも行いますので、ぜひご参加ください。
https://www.ultratrailmtfuji.com/2020/environmental/activities/2013/03/155/
https://www.ultratrailmtfuji.com/2020/environmental/activities/2013/03/164/